廃棄物について

廃棄物について

  • HOME
  • 廃棄物について

処理可能なもの

種類 再生利用方法
廃プラスチック類 再生(燃料)
(石綿含有産業廃棄物除く)
紙くず 再生(古紙燃料)
木くず 再生(チップ燃料)
繊維くず 再生(燃料)
金属くず 再生(製鋼原料)
(石綿含有産業廃棄物除く)
ガラス・陶磁器くず 再生(固化材)
(石綿含有産業廃棄物除く)
がれき類 再生(盛土材)
廃石膏ボード 再生(固化材)
コンクリートがら・アスコンがら 再生(路盤材)

提携先にて処理可能なもの

提携業者にて処理可能なものもございますのでご相談下さい

建設発生土(残土)

・建設工事に伴い副次的に得られた土砂等

㈱砂貴(残土最終処分場)にて処分が可能です 詳しくはこちらをご覧下さい

石綿含有産業廃棄物

・廃棄物処理法に基づき、他の廃棄物と混合しないように分別してください

機密書類

・選別不要、そのまま段ボール箱に入れて密封してください
・ファイル・バインダー・クリップなどの分別も不要です

溶解処理後 トイレットペーパーにリサイクルされます                  

廃蛍光管・水銀ランプ

・廃棄物処理法に基づき、破損することのないよう、また、他の廃棄物と混合しないように分別してください

破砕と水銀回収後
金属・アルミ/ガラス/蛍光体/水銀にリサイクルされます
                   

廃油

汚泥・廃酸・廃アルカリ

燃え殻・ばいじん

鉱さい

フロン

受入不可物、処理困難物について

コスモにおける 『受入不可物』 『処理困難物』について
処理困難物単価表

ページ上部へ