解体工事

解体工事

解体工事、収集運搬、そしてリサイクル

解体工事では、主にコンクリートくず、がれき類、木くず、かわら(陶磁器くず)などの建設廃棄物が排出され、 特定建設資材に値する、コンクリートくず、木くずは建設リサイクル法により、再資源化等を行うことが義務付けられています。

弊社では一般建設業の建築工事業、とび・土工工事業、収集運搬業、処分業の許可を取得しており、解体工事及び解体工事より排出される建設廃棄物の収集運搬並びに処分まで全てにおいてお引き受けすることができます。

お客様に安心・安全をお届けするとともに、地球環境を考えたサービスの提供ができるのも強さのひとつです。

画像
  
画像
  
画像
  

空き家の所有者・管理者さまへお知らせ

空家等対策の推進に関する特別措置法
(平成二十六年十一月二十七日法律第百二十七号)

この法律は、適切な管理が行われていない空家等が防災、衛生、景観等の地域住民の生活環境に深刻な影響を及ぼしていることに鑑み、 地域住民の生命、身体又は財産を保護するとともに、その生活環境の保全を図り、あわせて空家等の活用を促進することを目的に施行されました。

空き家対策特別措置法では、自治体が固定資産税の課税情報を利用して、これまで分からなかった空き家の所有者を特定できるようになり 自治体による立ち入り調査や、倒壊の恐れがある「特定空き家」に対して所有者に罰金を求めたり、強制的に撤去したりすることも可能になります。
更地にするよりも空き家の方が税率が低くなる税制も撤廃されます。また、特措法では、各自治体に空き家を有効活用するよう求めていて, 空き家を地域の交流の場にしたり、跡地を公園にするなど対策を進めています。

弊社では一般建設業の建築工事業・とび土工工事業、収集運搬業、処分業の許可を取得しており 解体工事、ならびに解体工事より排出される建設廃棄物の収集運搬及び処分まで全てにおいてお引き受けすることができます。

空家等対策の推進に関する特別措置法の概要

ページ上部へ